Monthly Archives: June 2012

6 © 2012 kitcheneri. All rights reserved.

cafe africo

日曜日のお昼に友人accoのお店africoにて、サークルの仲良し女子達で持ち寄りパーティーをしました。本当は多摩川沿いでピクニックの予定でしたが、天気が怪しかったため前日に場所をお店に変更。4月から計画していたピクニックはできなかったけど、最高に楽しいランチタイムだったので紹介しちゃいます。 africoは以前も紹介しましたが、アフリカの生地を使用したお洋服のお店。そのため、当日皆が持ち寄った料理も、無意識に全体的にエスニックな雰囲気に!用意してくれた存在感抜群でカラフルなお皿や紙ナプキンやテーブルクロスと、皆のお料理達です。みんなで、かわいいーおいしそーすごいーて大騒ぎ!cafe africoです♫ 私はファラフェルサンドを作っていきました。エスニックな感じで、かつ自分でその場でサンド出来たら楽しいだろうなと思い、初挑戦!ファラフェルは中東の方で生まれたひよこ豆コロッケなのですが、ピタパンに野菜と一緒にいれ、上からヨーグルトソースをかけるベジタリアンサンドです。私は大学時代にいったNY旅行で出会いました。 ちょっと手違いがあり、揚げるのでなくオーブンで焼くということになってしまいましたが、無事できました☆野菜はカラフルに色んな種類を。そして最後にミントの葉でアクセントを♫ ちーちゃんのアフリカの煮込みとクスクスも美味しかった!クリーム煮に見えるけど、クリームは使わずにお酢でさっぱりと。ゆきなのドライトマトを添えて。 さちかのエスニック海老wizアボガドソースも絶品。おりえの野菜のマリネもさっぱり美味しかった。手作りパンも、フルーツも盛りだくさんで。 おばちゃんになったら皆でカフェ始める?笑 素敵なレストランやカフェでご飯も好きだけど、私たちだけの空間で、こんなに大満足なランチができるなんて。相変わらず話は尽きず、あっという間に時間が経ってしまいました。 是非、またcafe africo第二段開催したい! kitcheneri  (photos by chihiro saito)

nomadic1 © 2012 kitcheneri. All rights reserved.

nomadic kitchen@today’s special

自由が丘に新しくオープンしたショップTODAY’S SPECIALで行われた、野村友里さんのイベント”nomadic kitchen”に参加してきました。話題のお店、かつ休日なだけあって、人がたーくさん。そして商品がどれも魅力的!気を抜くと散財してしまうショップでした。w そんなお店のディスプレイスペースにディナーセッティングがされ、whole food & stock foodをテーマとしたお料理をいただくディナーイベント。これから暑くなる季節にピッタリで、冷蔵設備がなくても美味しい食材がいつでも楽しめる酢漬けやお酒漬けや塩漬けされた食材を使ったお料理をいただきました。 メインの、丸鶏レモン塩煮込み。2週間つけたレモン塩で煮込んだそうです。イタリアンパセリのソースも美味しかったです。 ドリンクも美味しかった。はちみつ漬けのレモン、ローズマリーやミントやライムを入れて、スパークリングワインといただきました。柑橘好きにはたまらない。 これから、色々なところでその環境ならではの”食”を届けることをコンセプトにキッチンを開いていくというのが野村さんのnomadic kitchen。今回はお店の中だったのですが、また場所を変えて開催していくようです。 個人的に、ちょっと変わったとこで食事をするということに興味をもっています。例えば美術館やギャラリーでアート作品に囲まれた中。そしてブドウ畑や小麦畑やオリーブ農園の畑の中、とか。海外ではこういうちょっとポップアップレストランみたいなイベント、よくありますよね。 あ、あとトマトのビニールハウス内での夜のお食事会は、絶対素敵だと思うんだけどなー! どうですか??! kitcheneri

sofia8 © 2012 kitcheneri. All rights reserved.

Sofia Sunday

大好きなSofia Coppolaの作品を、おいしいワインとご飯とスウィーツを囲んで鑑賞しよう!という最高の企画を計画し、Sofia好きのnaomi & kyokoと日曜に集合しました。 この日の主役はCoppolaパパのワイナリーで生産してるスパークリングワイン。Sofiaのウェディングを記念して作られたもので、その名もFrancis Coppola “Sofia” Blanc de Blancs。ピンクのセロファンに包まれていて、彼女の世界観にぴったりです。ショコラティエ・エリカのチョコミントとセットでkyokoが用意してくれました。 naomiお手製パンチジュース!Virgin Suicidesで姉妹がおうちでパーティーをしたときに登場しますよね。 そして、マリーアントワネット的なスウィーツ。naomiがサダハルアオキとjean-paul hevinのマカロンを用意してくれたので、食べ比べ。私は、チョコミントカップケーキを、アメリカンレシピを見ながらオレオをのせたりしてポップに作ってみました。カップケーキ部分はおいしかったのですが、アイシングがかなーりアメリカン!次回はアイシングをもう少し日本人好みにしてみよう。 ご飯は「鶏の塩麹オリーブ煮」と「鯛とアボガドのサラダ」を作りました。映画には登場しませんが、なんとなく味とか色合いとかがぽいかな?とおもって。笑 映画のライナップは、Virgin Suicides、Lost in Translation、Somewhere。(マリーアントワネットは今回は断念!)Virgin Suicidesに出会った当時の私はmilk fedが大好きな高校生だったのですが、この作品をきっかけに更にSofia信者に。 若くて、美して、そして苦しくて。そんな姉妹たちに憧れるを抱く男子達の回想録。見終わった時のであの心がキューっとなる感覚と、それと同時に解放される感覚。この映画は、今見ても胸が熱くなります。他の2作品も、新たな発見や感動がありました。 こうやって、あの映画に合いそうとか、あのシーンに出てくるとか、色々とフードやドリンクを考えるのは本当に楽しかったですし、おいしさもいつもの倍に!? 次の会は、何を見ようかねーと、ただ今検討中です。 kitcheneri