Daily Archives: 2 Dec ’12

IMG_2318 © 2012 kitcheneri. All rights reserved.

釣りたて、炙りたて!

11月の3連休に、学生時代の親友たちと初めて四国にいってきました!中でもとっても印象的だったのが、一日目に訪れた高知県黒瀬町での鰹タタキわら焼き体験。高知と言えば魚、特に鰹が有名ですよね。だったら食べるだけでなく、作る体験もしてみようと思い参加してきました。 さばくのはこちら!高知の近海の、釣りたて真鰹です。 気仙沼の方から、この時期高知の方へ戻ってきた戻り鰹なので、脂が乗っていて美味しいとのこと。持ってみたところ、想像以上にずっしりとしてました。推定約2㌔。 この鰹を、漁師のおとうさんが手際よく、ガシガシさばいてくれます。 このサイズの魚の三枚下ろし、私もやってみたかったのですが、おとうさんがあっという間にしてしまいました!w そして、ドラム缶にわらを敷き火をつけ、さばいた鰹を網の上にのせ炙ります。皮目を下にして3分、そしてひっくり返して2分ほど。香ばしいわらの香りがふわーっと広がります。 表面がいい色になったら、急いで、水に投入!こうすることで旨味がぎゅっと綴じ込まれ、身が引き締まるんです。 そして、食べやすいサイズに。包丁をさっと入れ、引きながら力を入れていくのですが、力の入れ加減がとっても難しく、生魚を切るのとはまたちょっと違う感覚。 切り終えた切り身を大皿に乗っけ、粗塩をふりかけ、小口ネギを散らしてできあがり!ありがとうございますー。 待ちに待った食事は、隣接している食堂でご飯とあら汁と一緒に。新鮮だから歯ごたえはしっかりしてて、炙った身の香りとわらのの香りを感じることも。作りたてだからこそですよね。最高においしかったです! が、実は鰹一匹を女子5名で食べるのは想像以上にハードルが高く、、、なんと後半にまさかのギブアップ!! 美味しかったけど、マグロと同じく、鰹もたくさんは食べれませんね。w 名物というだけあって本当に新鮮な鰹をいただくことができ大満足!パンパンになったお腹を抱え、次の目的地へとむかったのでした。 kitcheneri